意識を活かす体と心への介入

 

 

 

 

 

 

 

 

【概要】 

1.   

2.  

3.   

4.  

5.   

6.   

7.   

 

 


①局所と全体の評価法・パルペーション

詳細ページ:身体に聴く評価法 

 

②「骨盤帯と足部・肩甲帯」 カラダを要となる土台から整える

詳細ページ:骨盤帯と足部・肩甲帯 

 

③内臓から全体を診る

詳細ページ:内臓

 

④「脊柱・頭蓋」と自律神経

詳細ページ: 脊柱・頭蓋