西洋・東洋医学的【アレルギーとアトピー】に対するアプローチ法

  

アレルギーとアトピーを西洋・東洋医学から整理しよう!

 

 

どちらも大事

 

どちらも知っているから

 

いろんなタイプに対応できます

 

 

 

 

 

薬を飲んでも

 

ヨーグルト食べても

 

生活習慣を改善しても

 

 

 

 

何をしてもなぜか効果がでない

 

 

核心に迫った治療になっていない時には

 

 

 

 

それを

 

いろんな視点から見るようにしてみましょう!

 

  

 

 

小さい頃からアレルギー性○○でという方や

 

 

アトピーでお困りの方も多くいらっしゃいますね

 

 

 

 

特に小さい頃から・・・っていうものが最近とても増加傾向にあるように思います

 

 

 

 

 

でも、アレルギーだからしょうがない

 

小さい頃からのものだからしょうがない

 

薬でなんとか過ごすしかない

 

 

 

 

なんて自分をなんとか納得させたくもなります

 

 

 

 

 

それが自分ごとになったらそれは変わってきます

 

もっと知らなきゃいけない

 

治るものなら治したい

 

そう真剣になるものです

 

 

 

 

 

 

私たちに身近なアレルギーといえば

 

 

【花粉症】ですね

 

 

花粉の季節が近づくだけで憂鬱な方も多いかと思います。

 

 

 

 

実は私も以前はすごい花粉症でした。

 

 

 

仕事中も鼻水が止まらないので

 

マスクの下で鼻に詰め物をし。笑

 

目の痒みに洗浄液使ってみたり。笑

 

 

くしゃみをしては頭に熱がこもって頭痛がし

 

 

色々もうグジュグジュになりながら過ごしていました

 

 

 

 

 

そして、金属アレルギーになった時期もありました

 

 

それまで何も出なかったのに

 

急に皮膚が金属に反応し始めた

 

 

 

 

 

そして、薬じゃなくて、

 

根本からそれらを自力でなんとかしたくて

 

 

 

 

なんとかなりました。

 

 

 

 

世の中のアレがいいっていうのは

 

あらかたやりました。

 

 

 

その結果、

 

花粉症には○○

 

アレルギーには〇〇

 

 

 

なんて単純明快なものがあれば良いですが

 

 

そうではなく。

 

やはり総合力です。

 

 

 

 

 

西洋医学的な解釈があり

 

 

昔からの知恵東洋医学的な解釈があり

 

 

 

 

そこから評価・治療していくことで

 

 

ちゃんと良い変化を起こすことができます

 

 

 

 

 

 

特に子どものアトピーやアレルギーは

 

 

見えにくいところもちゃんと見ることが必須です

 

 

 

 

 

家庭環境が出ます

 

 

子どもの心も

 

お母さんの心も

 

見えるものとして出ます

 

 

 

それがアトピーやアレルギーであることも多く

 

 

 

 

見えるところしか見ていないと

 

そこが変わらなければ

 

結局、また症状は出ます

 

 

 

どんなに薬で抑えようが

 

また出ます

 

 

 

 

そんな東洋医学的な視点でアプローチすることで

 

 

しつこいアトピーが出なくなったりしちゃうんです

 

 

 

これは実は大人も同じ

 

 

 

抑圧しているものは

 

違う形で出ようとする

 

 

 

 

 

もちろん西洋医学的な知識やアプローチも大事ですね♪

 

 

 

 

ということで

 

【見える】ところと【見えない】ところ

 

ちゃんと見るから結果が出る

 

 

西洋・東洋医学的【アレルギーとアトピー】に対するアプローチ法

 

 

是非そんな視点を増やしにいらしてください!

 

 

 

●講義概要●

①アレルギーとアトピーのメカニズム

②西洋医学的アプローチ

③内臓・頭蓋からの評価・アプローチ

④東洋医学的な捉え方

⑤東洋医学的評価・アプローチ

⑥ケーススタディ

⑦よくある民間療法とその効果

⑧原因を明確にした【局所】と体【全体】へのアプローチ

 

 

 

内臓や頭蓋、東洋医学初心者の方も大丈夫です!

 

教科書には書いていませんし、難しい知識はいりませんので予習なくいらしてください♪

 

 

対象:医療従事者(PT・OT等)、看護師・助産師、整体師、柔道整復師、鍼灸師、ボディワーカー等 セラピスト全般

 

 

講師:清水美幸 

女性専科整体 『みゆき堂』 代表

女性セラピストのための勉強会

『ひめセラ』代表

 

ウィメンズライフアーティスト

理学療法士/整体師/内臓調律師/内臓養生療法士

陰陽五行メンタルアプローチセラピスト/オリエンタルハーブブレンダー/メディカルハーバルセラピスト/食養生コーディネーター


今後の開催日程

こちらの内容での今後のセミナー日程は未定です

個別受講での受講は可能です。

 

 

セミナー申し込みの方は

下記フォームのメッセージ欄に

 

①参加希望セミナー名・希望開催場所

②氏名

③職種

④メールアドレス(パソコンメールを推奨しております)

⑤連絡先電話番号

 

を明記の上、申し込みください。

 

 

講義内容等についての質問・お問い合わせについても

こちらからのフォームからお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です