余裕と余白

明けましておめでとうございます♪

 

今年も皆様にとって素敵な幸多き1年となりますように。

 

寒い日が続きますので体に気をつけながら

 

今という今しかない瞬間を自分らしく生きていきましょ(・ω・)b

 

 

 

さてさて、今日のお話は

 

 

ついスケジュールを詰め込みがちで

 

毎月のスケジュールも

 

一日のスケジュールも

 

もう隙間がない!

 

 

 

 

なんて生活を送っていると

 

なんだかせわしなさで

 

 

私の人生楽しいかも!満たされてるかも!

 

って感じてしまいがち

 

 

 

しかし、ここで言えるのは

 

不安な人ほど

 

満たされていない人ほど

 

予定を詰め込む傾向にあることだ

 

 

動いてないと不安になる

 

食べたり、予定を詰め込んだり

 

自分の中の満たされない見えない何かを

 

見えるものでたくさん埋めて

 

満たされたフリをして

 

自分を誤魔化す

 

 

けどやっぱり空虚感があって

 

またさらに詰め込む

 

 

 

私も以前はそういう時間を過ごしてきた

 

何か忙しさを自ら作り出し

 

満たされているフリして

 

それって確かに目に見える範囲では満たされているようで

 

いつも何か心のどこかに足りない何かを感じて

 

いつも不満足だったんだなって思う

 

 

 

 

今思う

 

一番満たされている生活って

 

生活の豊かさを感じられるのって

 

 

 

余裕や余白のある生活が送れているという事

 

 

 

 

・ランニングやウォーキングなど運動できる

・お風呂にゆっくりつかれる

・映画を見たり本を読んだりする時間がある

 

 

 

 

そんな

 

なんの生産性もない時間を

 

なんの生産性もなくていいから過ごせる時間

 

これをもてることが

 

本当の豊かさだと思う

 

 

 

 

この余白や余裕が

 

自分の心の余裕になるからストレスも溜まらないし

 

自分の体の余裕になるから不調にもなりにくい

 

 

 

幸せの価値はお金のあるなしじゃないんだよって

 

昔から言葉では聞きながら腑に落ちてなかったところが

 

 

その両方を体感することで

 

やっと腑に落ちている

 

 

 

やっぱり

 

幸せはお金のあるなしでは決まらないんだなー